食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

魚の干物の保存方法

干物

魚の干物の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめです。

干物の種類としては、鯵(アジ/あじ)、鯖(サバ/さば)、サンマ、ほっけ、カマスなどが挙げられるかと思います。魚の干物を長持ちさせた上で美味しく食べるためにも、適切な冷蔵保存・冷凍保存法を見ていきましょう。

干物の冷蔵保存

1枚ずつしっかりとラップで包み、保存袋に入れ、よく空気を抜いた上でチャックを閉じ、冷蔵庫のチルド室で保存しましょう。

冷蔵保存した干物の保存期限(賞味期限)の目安は5日間です。意外と短いと思われるかもしれませんが、干物は保存食ではなく鮮度が命の生ものと考えておくと納得できるかもしれません。

冷蔵時間が長くなると酸化して風味が落ちやすくなります。しばらく食べないと分かる時には、あらかじめ早めに冷凍しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

干物の冷凍保存

1枚ずつしっかりとラップで包んだ上から、さらにアルミホイルで包んで冷凍用保存袋に入れましょう。その際、中の空気をよく抜き密閉状態になるようにしてください。金属トレイ(アルミトレイ)がある時には底に敷くと、アルミホイルの熱伝導の効果と合わせて、急速冷凍が可能になります。

冷凍により食味が落ちるわけではないので、干物の場合はすぐ食べる予定がない時は冷凍したほうが美味しさをキープできます。

冷凍保存した干物の保存期限(賞味期限)の目安は2週間~1ヶ月です。

冷凍期間が長くなると、干物が水分の蒸発によりパサパサとした状態になりやすくなりますので、早めに食べきるように心がけてください。

スポンサーリンク

干物の豆知識

干物は解凍する必要がない

冷凍しておいた干物は、冷蔵庫で解凍する必要がありません。解凍してしまうと、干物が持つうまみ成分が水分と一緒に流れ出てしまうからです。干物の塩分濃度が変わる、と考えたら良いかもしれません。

そのため冷凍状態のまま、クッキングシートを敷いたフライパン、グリル、オーブントースターにて中火にかけると良いでしょう。あまり弱いとろ火にかけると、無駄に旨味と水分が飛んでしまうため気を付けてください。

一番干物を美味しく食べる方法としては、七輪で強火の遠火にかけることが挙げられるかもしれません。なかなか難しいかもしれませんが、機会があれば挑戦してみるのも良いでしょう。

干物は腹側と背側のどちらから火にかけるべき?

海で取れる魚の場合は腹側、川で取れる魚の場合は背側から火にかけると良いでしょう。

川魚の場合はぬめりが残っているため、生臭さを取り除くためにも背側から火にかけるほうが良いと言われています。

火にかける時間の割合としては、腹側を7、背側が3程度がおすすめです。

公開日:
最終更新日:2016/02/07