食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

いちごの保存方法

いちご

いちごの保存方法(冷蔵・冷凍)をまとめています。

ビタミンCがとても豊富ないちごの冷蔵保存方法、冷凍保存方法、いちごの選び方、いちごの栄養の働きなどを知り、いちごをおいしく食べる保存法を学びましょう。

いちごの冷蔵保存

非常に水気を嫌うこともあり、いちごは洗わず、ヘタを下にした状態で積み重ならないように、フタつきの保存容器に並べて冷蔵庫に保管しましょう。

いちごに傷があったり水気がついたままだと、とても傷みやすくなります。いちごがパックに入っていて状態がよく見えないときは、一旦パックから取り出して、変色などがないか確認することがおすすめです。傷んだものが1つでもあると、すぐに伝染してしまうからです。

いちごの保存期間(賞味期限)の目安は2,3日です。

冷蔵保存時には、いちごのヘタを取らないようにしましょう。

冷蔵庫から出してすぐのいちごは、冷えすぎていることで、本来の甘さを感じられない状態になっています。冷蔵庫から出してしばらく置き、常温になじんでから洗って食べた方が甘みを感じられるでしょう。

スポンサーリンク

いちごの冷凍保存

いちごをそのまま冷凍保存

ザルに入れてよく洗い、水気をふき取りましょう。1つ1つヘタを取り除いて、ラップでまとめて包んだ上、冷凍用保存袋に入れてください。

そのまま冷凍保存したいちごの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

いちごを冷凍保存するときには、しなびてから行うのではなく、新鮮な状態の内に下処理をしてから冷凍するように心がけましょう。

いちごに砂糖をまぶして冷凍保存

いちごは冷凍保存すると、甘みが弱くなり、また食感的にもまるで違うものになります。そのため、いちごに甘みを加えるためにも、砂糖をまぶした上での冷凍保存方法も選択肢にあります。

まずよく洗いヘタを取ってから、水気をふき取りましょう。その後、いちご全体に砂糖をまぶして冷凍用保存袋に入れてください。平均的ないちご1パックに対して、砂糖大さじ1,2杯が目安です。ちなみに砂糖をまぶすことは、冷凍時にいちご同士がくっつくのを防止する役割にもつながります。

砂糖をまぶして冷凍保存したいちごの保存期間(賞味期限)の目安は3ヶ月です。

いちごの解凍方法は自然解凍で構いません。凍ったままの状態(または半解凍)で口にしたり、あるいはジャムやスムージーなどにも使いやすいでしょう。

スポンサーリンク

いちごの豆知識

いちごの選び方

おいしいいちごの選び方としては、まずヘタが濃い緑色でしおれていないものを選びましょう。特にヘタが軽く上に反り返っているものだと新鮮です。実の部分は赤く、光沢があり、鮮やかで、表面のつぶつぶがしっかりと立っているものがおすすめです。

過度に熟しすぎたいちごは、果皮が白く変色し、柔らかくなっているように見えるので注意してください。

いちごの洗い方

ヘタをつけたままいちごをザルに入れて、流水で素早く洗いましょう。ヘタを取り除いた状態で水に長い間つけていると、ビタミンCが減少する要因となってしまいます。

いちごの栄養素

いちごはビタミンCが非常に豊富で、可食部100gあたり80mg(日本食品標準成分表)あります。ビタミンCはコラーゲンの生成を促進するため、しみやそばかすなど肌の状態が気になる方にとって、とても良い果物と言えるでしょう。

また、いちごには疲労回復や風邪予防になるクエン酸も含まれています。いちごの意外な栄養素だと、歯に良いと言われるキシリトールも含んでいるという優れものの果実です。

公開日:
最終更新日:2016/02/07