食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

食品の常温保存の基本とテクニック

バナナ

食品の常温保存方法のまとめです。

食品・食材の常温保存の基本から応用まで紹介しています。常温保存向きの食材、常温保存・冷暗所の温度、色々な常温保存方法のテクニックなどを見ていきましょう。

常温保存に向いている食材

常温保存に適した食材だと、芋類、根菜類、低温障害を起こしやすい野菜・果物が挙げられます。以下は常温保存できる食材の一例です。

いも類

根菜類

  • 玉ネギ
  • 長ネギ
  • ごぼう
  • かぼちゃ

低温に弱い野菜・果物

  • トマト
  • キュウリ
  • 南国育ちの果物(バナナ、パイナップルなど)

湿気が増す梅雨、温度変化が激しい夏場や冬場、食材の状態によっては、常温保存ではなく冷蔵保存(野菜室)を選択したほうが良い場合もあります。また、冷蔵に弱いといっても、例えば食べる少し前に果物を冷蔵庫で冷やして食べる分には問題がありません。

食材が常温保存できるのは、基本的に丸ごと保存の場合です。切り分けている場合は傷みやすいため、ラップで包んで冷蔵庫にて保存しましょう。

スポンサーリンク

食品の常温保存の温度とは

常温保存の温度

一般的に食品保存でよく言われる常温保存とは、15度~25度を指します。この15度~25度という温度の根拠は「日本薬局方の記載の手引き」を参照としています。

常温保存は、直射日光が当たらないで高温多湿にならない場所を選んでください。春や秋の過ごしやすい気温をイメージすると近いでしょう。

食品に「常温保存可能品」もしくは「常温を超えない温度で保存してください」などの記載がある場合には、上記の温度を参考にしてください。

冷暗所の温度

食品の中には「冷暗所に保管してください」などの文言をみることがあるかと思います。

この場合の冷暗所は14度以下を指します。風通しがよく日の当たらない涼しい場所を選びましょう。

スポンサーリンク

食品の色々な常温保存方法

食材に余計な水分が見られる場合は、よく拭き取ってから保存しましょう。食材を新聞紙やペーパータオルで包む理由は、乾燥を防止するためです。

かごに入れて保存

トマト、きゅうり、なすなどは、新聞紙やペーパータオルに包んだ上でかごに入れてください。

吊るして保存

玉ネギ、にんにくなどは、ネットに入れて吊るすのが一番良いでしょう。

ネットがない場合は、かごに新聞紙などを敷いてゴミが外に出ないようにしてから、その上に置くことがおすすめです。

バナナの保存にはフックを活用しましょう。

立たせて保存

長ネギ、ごぼうなどの根野菜は、立たせてから保存するのが基本です。

新聞紙で包んだ後、紙袋に入れたり、段ボールの隅で上手く立たせたりして保存してください。

段ボールに入れて保存

ダンボールに新聞紙を敷き、りんごなどを新聞紙やペーパータオルなどで1個1個包んで並べると良いでしょう。

いも類の場合は、上に新聞紙をかぶせて保存してください。

いずれの場合も段ボールにふたをする必要性はありません。

常温保存が適している食材であるにも関わらず冷蔵保存してしまうと、逆に傷むのが速くなってしまいますので注意しましょう。

スポンサーリンク

一度冷蔵保存したものを常温保存してはダメ

すでに冷蔵保存してしまった食材を、冷蔵庫から取り出して常温保存してしまうと、その温度差で余計な水分が発生し、その水分から細菌が発生する原因となります。

一度冷蔵庫に入れたものは、そのまま冷蔵保存するようにしてください。

その他の常温保存の食品

いわゆる、レトルト・缶詰・瓶詰も常温保存の定番食品と言えるでしょう。長期保存が可能なことから、立派な備蓄食品となります。

瓶詰で言うと例えば、きゅうり、たまねぎ、ミニトマトといった野菜のピクルスは、酢が持つ殺菌作用を利用した保存食です。酢は調味料の中で最も殺菌力が強いと言われているため、食品を長持ちさせることができます。

他に、乾燥肉やサラミなどは栄養価が高く、エネルギー補給にも有効的です。

さらに、ナッツや種子類(ひまわりの種やかぼちゃの種など)には、植物性たんぱく質・食物繊維・ミネラル類などが豊富になっています。

あわせて読みたい保存方法

公開日: