食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

鶏肉の保存方法

鶏肉

部位別に鶏肉の保存方法(冷蔵・冷凍)をまとめています。鶏胸肉、鶏もも肉、鶏ひき肉、ささみ、手羽元・手羽先の保存法を見ていきましょう。

鶏肉の保存期間も書いているので、冷蔵庫(チルド室)・冷凍庫での目安にしてください。鶏肉は水分が多く傷みやすいので気をつけましょう。小分けに冷凍保存しておくと、鶏肉はサラダ、スープ、お弁当など用途も多々あり何かと優れものです。

鶏胸肉の保存

鶏むね肉の冷蔵保存

未開封のパックされている状態のときは、そのままチルド室に保存してください。

開封済みのときは、鶏肉自体に水分が多く傷みやすいこともあるので、まずは鶏胸肉の表面の水分をよくキッチンペーパーなどでふき取ってください。その後、塩と酒を振り、丁寧にラップで包んでから保存袋に入れましょう。

鶏胸肉の保存期間の目安は3日間です。

鶏むね肉の冷凍保存

鶏むね肉をそのまま冷凍

厚さがないほうが冷凍しやすいので、最初に一口大に切ったり観音開きになるように切っておくことがおすすめです。

お肉の脂は酸化して痛む原因となるので、なるべく取り除いておいてください。また脂は、においの原因にもなるので一石二鳥の工夫です。

準備が整ったらラップで包み、冷凍用の保存袋に入れましょう。金属製のトレイがあったら下に敷くと、急速に冷凍することができます。

保存期間の目安は3週間です。解凍方法には、冷蔵庫での自然解凍や電子レンジでの解凍などが挙げられます。

鶏むね肉に下味をつけて冷凍

鶏胸肉は下味をつけてから冷凍することもできます。一口大に切った鶏胸肉をタレ(照り焼き、からあげなど)と一緒に冷凍用保存袋に入れ、平らにして、できるだけ空気を抜いてから閉じましょう。

上手に冷凍することで、余計なパサつきであったり固くなることを防ぐことができます。

保存期間の目安は3週間です。解凍方法としては、冷蔵庫での自然解凍、また半解凍の状態で調理に使っても構いません。

スポンサーリンク

鶏もも肉の保存

鶏もも肉の冷蔵保存

未開封の場合は、そのままチルド室に入れましょう。

パックを開封済みの場合は、もも肉の表面の水気をふき取ったあとで塩と酒を軽く振り、チルド室で保存してください。塩と酒を染み込ませることで、お肉が傷みにくくなり保存性が高くなります。

鶏もも肉の保存期間の目安は3日間です。

鶏もも肉の冷凍保存

鶏もも肉を切って冷凍保存

大きい場合は、一口大など調理しやすい大きさに切りましょう。

少量の酒を振ってしばらく置いたあとで、表面の水分をふき取り、ラップでぴったりと包み込んでください。その後で冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

ラップで包むときはある程度小分けにしておくと、色々な料理に使いやすいでしょう。保存袋を閉じる時には、できるだけ中の空気を抜くようにしてください。冷凍時には金属製のトレイを敷くと、急冷し素早く冷凍することが可能です。

鶏もも肉の冷凍保存の目安は3週間です。解凍は冷蔵室での自然解凍、電子レンジでの解凍、あるいは凍ったまま調理しても構いません。

鶏もも肉をゆでて冷凍保存

鍋でゆでた後、冷めたら身を割いて、ラップで包み冷凍用保存袋に入れましょう。保存の目安は1ヶ月です。自然解凍、電子レンジの解凍、またはそのまま調理に活用することができます。

骨つきの鶏もも肉の保存

手羽元と手羽先の冷蔵保存・冷凍保存」と同じ方法です。

スポンサーリンク

鶏ひき肉の保存

鶏挽き肉の冷蔵保存

未開封の場合は、そのままチルド室で保存しましょう。

開封済みの場合あるいは未開封でもドリップ(赤い水分)が出ていた場合は、キッチンペーパーなどで軽く水分をふき取り、ぴったりとラップで包んでから保存袋に入れてください。

鶏ひき肉の保存の目安は2日間です。傷みやすくあまり長持ちしないので、すぐに使わないと分かる時には、購入当日に冷凍しておくことがおすすめです。

鶏挽き肉の冷凍保存

冷凍用保存袋に薄く平らになるようにして入れましょう。保存袋を閉じる時に中の空気をできるだけ抜くことが肝心です。

保存の目安は3週間です。解凍はチルド室での自然解凍、流水解凍など。凍ったまま調理しても問題ありません。

鶏ひき肉から出る赤い水分はドリップと呼ばれるものです。うまみ成分が凝縮されており、何か怪しい水分というわけではありません。

スポンサーリンク

ささみの保存

ささみの冷蔵保存

未開封の場合でも、赤い水分が出ていたら、一旦開封して水分をふき取りましょう。

しっかりとラップで包んだあとで、保存袋に入れ、チルド室で保存してください。

ささみの保存の目安は3日間です。

ささみの冷凍保存

ささみの筋に沿って包丁を入れて開きましょう。その後、酒を振ってしばらく放置し、水分をふき取ってから、ぴったりとラップで包み込んで冷凍用保存袋に入れておくのが丁寧な保存方法になります

面倒な時には、そのままラップで包み冷凍用保存袋に入れれば大丈夫です。

金属製のトレイがあるのであれば、下に敷くと急速冷凍することができるので活用しましょう。

保存の目安は3週間です。解凍はチルド室での自然解凍や電子レンジでの解凍ができます。もちろん凍ったまま調理に利用しても構いません。

ささみは、重ならないように互い違いになるように並べてからラップで包むことをおすすめします。

手羽元・手羽先の保存

手羽元・手羽先の冷蔵保存

流水で洗った後、ペーパータオルなどで水気をよくふき取ってください。

あとは保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて閉じましょう。保存袋に入れる時には、互い違いになるように並べることがおすすめです。保存の目安は3日間です。

手羽元・手羽先の冷凍保存

軽く酒を振った後、しばらく置いてから水気をよくふき取りましょう。その後、冷凍保存袋に入れよく空気を抜いた上で閉じてください。保存袋に入れる時は重ならないようにすることが大事です。

保存の目安は3週間です。解凍はチルド室での自然解凍や電子レンジでの解凍、また凍ったまま調理しても大丈夫です。

鶏肉の豆知識

保存時に水気を取る理由

記事の中で保存時に、よく水気をふき取ってと注意書きのように書いています。これはなぜかと言うと、水気があるとにおいの元になったり、味が落ちる原因となるからです。

そのため鶏肉の表面をキッチンペーパー(ペーパータオルなど)で、水気をよくふき取ることをおすすめしています。

公開日:
最終更新日:2016/02/07