食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

お好み焼きの保存方法

お好み焼き

お好み焼きの保存方法(冷蔵・冷凍)をまとめています。

完成したお好み焼きだけではなく、お好み焼きのタネ(生地)の保存方法も載せているので参考にしてください。残ってしまったお好み焼きを上手く日持ちできるように保存して、美味しく食べましょう。

お好み焼きの冷蔵保存

お皿などに乗せたのち、空気が入らないようにラップで包んでから冷蔵庫に入れてください。

冷蔵保存したお好み焼きの保存期間(賞味期限)の目安は1日です。

スポンサーリンク

お好み焼きの冷凍保存

粗熱の取れたお好み焼きを1枚ずつラップで包み、冷凍用保存袋(ふたのあるタッパや、チャックのある袋)に入れて冷凍庫に保存しましょう。お好み焼きが大きくてラップで包めない場合は、きちんと包み込めるようにあらかじめ切り分けておくようにしてください。

ラップで包んだだけだと酸化しやすく、冷凍焼けや食味の低下を起こしやすいので、きちんと冷凍用保存袋に入れて簡易な真空パック状態にすることが大事です。

冷凍保存したお好み焼きの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。ラップ内に霜が見られる場合は、一度解凍しかけた可能性があるので、変色が見られないかなど気を付けてください。

冷凍したお好み焼きを食べる時には、電子レンジでの解凍やフライパンでの弱火の加熱がおすすめです。冷凍した時点で、お好み焼きの水分がかなり失われているので、解凍時に加熱しすぎるとパサパサとした食感になる可能性があります。加熱しすぎには注意しましょう。

お好み焼きの冷凍前にはなるべく、ソース・青のり・かつお節をかけないようにしてください。

スポンサーリンク

お好み焼きの生地(たね)の保存

お好み焼きの生地(たね)は密閉容器に入れた上での冷蔵保存ができます。保存の目安は1日です。

ただし、お好み焼きの生地には卵が入っていることから非常に傷みやすいのが難点です。さらに生地を置いておくと、キャベツなどの野菜から水分がでてきてお好み焼きの生地自体に水っぽさが増してしまいます。

そのため原則的にお好み焼きの生地は、そのまま冷蔵保存するのではなく、美味しく・安全に食べるためにも火を通してからの冷蔵保存や冷凍保存をおすすめします。

スポンサーリンク

お好み焼きの豆知識

ソースをかけてしまったお好み焼きの保存方法

通常のお好み焼きの冷蔵方法・冷凍方法と同じです。中に空気が入らないように、ぴったりとラップで包み保存しましょう。

お好み焼きソース自体は、開封後、冷蔵庫内で3ヶ月ほど保存することができます。ただ、お好み焼き自体の冷凍保存の目安が1ヶ月ですので、ソースをかけてしまったお好み焼きも1ヶ月の賞味期限だと考えてください。

全国のお好み焼き屋の店舗数は?

総務省統計局(経済センサス)の調査によると、日本全国にお好み焼き店・焼きそば店・たこやき店を合わせた総数は約2万店舗になります。店舗数で言うと、1.大阪府、2.兵庫県、3.広島県の順番になります。

世界のお好み焼きには何があるの?

お好み焼きという名前ではありませんが、いわゆる水溶き粉に色々な具を入れて焼き上げる料理(粉もの文化)を紹介します。

韓国のチヂミやパジョン、中国の春餅(チュビン)、インドのチャパティ、タイのホイトート、ベトナムのバン・セオ、インドネシアのマルタバ、バングラデシュのピタ、スリランカのマスロティー、カンボジアのマンチャオ、アラブ首長国連邦のムルタバ、トルコのクイマル・ピデ、メキシコのタコス、イタリアのピッツアなどが挙げられます。

中でも韓国のチヂミは、国内のレシピなどで「韓国風お好み焼き」と呼ばれているので身近に感じる方も多いかもしれません。

公開日:
最終更新日:2016/02/07