食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

お米(精米)・ごはんの保存方法

精米・ごはん

精米したお米の保存方法(常温・冷蔵・冷凍)と、ごはんの保存方法(冷蔵・冷凍)をまとめています。

お米は、1年中食べることができる日本の主食の代表格です。毎日の食生活に身近である分、おいしくごはんを食べられる白米や玄米などの保存法を学んで食卓を豊かにしましょう。

お米(精米)の保存

お米(精米)の常温保存

米の種類の中でも、特に白米は温度と湿度が原因で劣化の影響を受けやすい点に注意です(無洗米を含みます)。

そのため、しっかりと密閉できる容器(米びつなど)を選び、空気に触れないようにしましょう。乾燥や酸化から精米を守ることができます。

精米の常温保存での保存場所は、冷暗所(温度と湿度が低く、風通しが良い上、日光に当たらない場所)がおすすめです。

精米の常温保存の目安(賞味期限)は、お米の袋に書かれた精米年月日から、夏は2,3週間程度、春と秋は1ヶ月程度、冬は2ヶ月程度と考えておきましょう。

お米を常温保存する場所の温度は10度~15度あたりがおすすめです。18度以上になると、虫などが発生しやすくなります。その場合は冷蔵保存を選びましょう。

白米は「生鮮食品」と呼んでも過言ではないぐらいデリケートな食品ですので、保存状態には特に気をつけましょう。

お米(精米)の冷蔵保存

お米は乾燥や移り香を防止するために、密閉できるポリ容器(ペットボトルも可)に入れて冷蔵保存しましょう。ちなみに2リットルのペットボトルの場合、11合(約2kg)のお米を入れることができます。

お米は冷蔵庫の冷蔵室または野菜室で保存しましょう。

精米の冷蔵保存の目安は、精米日から2ヶ月程度です。

お米を常温保存から冷蔵保存に変えると、酸化する時間を半分ほどに短縮できます。つまり、お米が本来持つ美味しさを2倍近く持続できると考えて良いでしょう。

冷蔵庫の保管時は冷気の噴出し口の傍に置かないようにしてください。

お米(精米)の冷凍保存

お米の冷凍はあまり耳にしませんが、一応やろうと思えば可能です。密閉された冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

夏場などで、冷蔵庫に全く空きが無く、常温保存するには不安という時には役立つかもしれません。

スポンサーリンク

ごはんの保存

ごはんの常温保存

炊飯器(電子ジャー)の機能にもよりますが、基本的に炊き終ってから5,6時間の保存が目安です。

それ以上放置しておくと、ごはんが変色して味が落ちたり、あるいは細菌が繁殖する原因にもなりかねないので注意しましょう。

ごはんの冷蔵保存

ごはんの冷蔵保存はおすすめしません。冷蔵庫に入れたごはんは、デンプンの老化が起こり水分が蒸発し、パサパサとした食感になってしまうからです。そのため、基本的には冷凍保存をおすすめします。

ただ、冷凍庫に入りきれないなど、どうしてもごはんを冷蔵保存したいときもあるでしょう。その時は茶碗一杯ずつラップで包んで冷蔵してください。

冷蔵保存したごはんを食べる時は、そのままだと乾燥して固くなっているので、水あるいは酒を少量ふりかけた上、電子レンジで軽く加熱すれば、やわらかくふっくらとした仕上がりにすることができます。

ごはんを冷蔵保存した場合の保存の目安は3日間です。

ごはんの冷凍保存

乾かないうちに粗熱を取ったあたたかいごはんを、茶碗1杯分ずつ、平たく薄く均一になるようにラップで包みましょう。そのまましばらく置いてから、冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存してください。この場合、ごはんが冷めすぎてから冷凍すると、デンプンが老化して食味が悪くなります。完全に冷え切る前に冷凍庫に入れるようにしましょう。

白米だけではなく、お赤飯や炊き込みごはんなど、調理したごはん類も同じ要領で保存することができます。

ごはんを冷凍保存した場合の保存の目安は1ヶ月です。

食べる時には電子レンジで加熱しましょう。600Wの場合は3分程度です。

ごはんをラップするときに平たく薄く均一にするように心がけるのは、電子レンジでの解凍の時に、均一に熱が通るようにするためです。凸凹のある状態で冷凍してしまうと、解凍時にある部分だけ固いままになってしまうこともあるので気をつけてください。

スポンサーリンク

お米(精米)・ごはんの豆知識

お米(精米)を冷暗所に保管する理由

直射日光に当たると、お米が乾燥し、水分が蒸発してひび割れを起こします。この状態でお米を炊くと、ごはんにツヤや粘りがなくなりベタついたりと、食べる時の味の低下につながります。

温度や湿度が高いと虫(コクゾウムシ、コクヌストモドキなど)が発生する要因となります。特に夏場は冷蔵庫での保存をおすすめします。

米袋(和紙、ポリ、アルミなど)は、基本的に通気孔が開いています。そのため、水に濡れるとカビが発生する要因となります。カビが発生したお米には変色が見られるようになります。

台所の流し付近なども、湿気が多いので保存場所には向いていません。また熱が発生する場所(ガス台や電子レンジ付近)も、お米の乾燥につながるので向いていないでしょう。

できる限り、密閉できる保存容器に移した上で、湿度が低く、水気のない場所で保管するようにしましょう。

お米の保存容器の注意点

保存容器で保存する場合、新しいお米を入れる時には、きれいに掃除することを心がけましょう。特に米びつは四隅が汚れやすいので注意してください。古いお米を使い切る前に、新しいお米を注ぎ足して利用することは厳禁です。容器に付いた古い米のヌカ(ぬか)などが虫の発生する要因となります。お米を使い切った時に、保存容器をよく洗い、よく乾燥させてから入れるようにしておけば問題はありません。

お米が古くなってくると、白い粉をふいたような状態になってきます。これはお米が酸化してきており、品質の劣化を起こしてきている状態ですので、早めに食べることが大切です。

お米の保存には、米びつ、ペットボトル、ふたが付いたプラスティック容器(タッパウェアなど)、チャックが付いたビニールパック(ジップロックなど)などが挙げられます。乾燥と酸化を避けるためにも、密閉されている容器であることが大切です。

お米(精米)の保存の目安

あくまで美味しく食べることができる目安の期間です。その期間を過ぎたからといって食べることができなくなるわけではありません。食品でよく言うところの「消費期限」とは大きく異なります。

お米(精米)はにおいを吸収する

お米には無数の小さな穴が開いていることから、臭い(におい)を吸いやすい性質があります。例えば、においの強いもの(石鹸、芳香剤、香水、灯油、ガソリン、洗剤など)のそばに置くと、においが移る場合があります。

また、一旦においが移った場合は、そのにおいは取ることができません。お米への移り香を避けるためにも、保存時には必ず密閉した容器に入れ、においの強いものをそばに置かないようにしましょう。

公開日:
最終更新日:2016/02/07