食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

じゃがいもの保存方法

じゃがいも

じゃがいもの保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめです。

ジャガイモを長持ちさせるための、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存・干して保存方法などを紹介しています。じゃがいもの種類には、男爵・メークイン・とうや・北海こがねなど色々ありますが、どれも保存法は同じだと考えて構いません。新じゃがの保存も同様です。

じゃがいもを美味しく食べるための保存方法を見ていきましょう。

じゃがいもの常温保存

段ボールやカゴなどに新聞紙を敷き、そこにじゃがいもを置いて風通しの良い冷暗所に保存しましょう。

りんごがある場合は、リンゴを一緒に入れると良いでしょう。りんごが発生するエチレンガスの働きが、じゃがいもの発芽を防ぐ作用があります。発芽を防ぐことは、保存期間を長くすることにつながります。

常温保存したジャガイモの保存期間(賞味期限)の目安は3,4か月です。夏場の賞味期限は多少短くなると考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

じゃがいもの冷蔵保存

暑くなるとジャガイモの芽が出やすいため冷蔵保存がおすすめです。

ただジャガイモ自体は低温に弱いため、冷やし過ぎを防ぐためにも一度に入るだけの個数を新聞紙で包み、ポリ袋に入れてから野菜室で保管すると良いでしょう。

冷蔵保存したジャガイモの保存期間(賞味期限)の目安は3ヶ月~半年です。

スポンサーリンク

じゃがいもの冷凍保存

じゃがいもを生のまま冷凍

じゃがいもを生のまま丸ごと冷凍保存する時は、よく洗い水気を拭き取った後で、皮つきのまま丸ごと冷凍保存袋に入れて冷凍してください。

じゃがいものを生のまま切って保存する時は、よく洗い、皮をむき、くし形など適度な大きさに切りましょう。水にさらしてあくを取った後で、ペーパータオルなどで水気をよくふき取り、冷凍用保存袋に入れて冷凍してください。

ジャガイモを冷凍すると、水分が抜けてふかふか、ぱさぱさ、もそもそした状態になりやすいため、汁物(ポトフやシチューなど)や揚げたりする料理がおすすめです。

基本的に、そのままのジャガイモは冷凍には向きません。よく「カレーを冷凍する時はじゃがいもを取り除くこと」と言いますが、冷凍することでデンプン質が壊れ、解凍時に中の水分が抜けて食味の低下が起こるからです。冷凍したい時にはゆでてから冷凍保存する方法をおすすめします。

じゃがいもをゆでてから冷凍

じゃがいもの皮をむき、一口大の大きさにカットした後で茹でた後、マッシャーで潰してマッシュポテトにしましょう。ポテトサラダやコロッケのたねなどに使えて便利です。

粗熱が取れたら平たくなるようにラップで包んで、冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。金属トレイがあれば下に敷いてください。

冷凍保存したジャガイモの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。解凍は冷蔵庫での自然解凍、電子レンジでの加熱、凍ったまま調理するなどお好みの方法を採用すると良いでしょう。

生のまま冷凍したじゃが芋は、食感があまりよくないので、余裕がある時にはマッシュポテトでの冷凍がおすすめです。

スポンサーリンク

じゃがいもを干して保存

じゃがいもをよく洗った後で皮をむき、薄めにスライスしたり一口大に切るなどしてください。次に、耐熱皿に乗せてからラップをかけ電子レンジで軽く加熱(600W・3分程度)します。

その後、ジャガイモをざるに重ならないように並べて、3日程度干して水気を完全に飛ばしてください。

じゃがいもの豆知識

じゃがいもの選び方

ふっくらとした丸みがあり、皮に張りが見られ、固くて重量感のあるじゃがいものが良品です。

皮にしわがあったり、芽が出ていたり、緑色に変色しているじゃがいもは避けるようにしましょう。

購入後に緑色の箇所が見られた場合は、調理時にじゃがいもの皮を厚めにむくようにしてください。

じゃがいもは生活習慣病の味方

ジャガイモには魅力的な栄養素が豊富で、ビタミンC・ミネラル・カリウム・食物繊維などが含まれています。

特にビタミンCは、コラーゲンの生成に必要不可欠な成分で、美肌や老化防止に良いとされています。抗がん作用や免疫力アップも味方でもあります。

さらに注目した栄養素がカリウムです。カリウムは血圧を下げる働きをするので、高血圧や動脈硬化の予防などに有効と言われています。

切ったじゃがいもを水にさらす理由

切ったジャガイモをそのままにしておくと、ジャガイモ内のチロシンという成分が酸化して見た目にもよくありません。水にさらすことで酸化を防ぐことができます。

じゃがいもの毒素(ソラニン)とは

ジャガイモの芽と緑色の皮には、ソラニンという毒素があるため、調理前にはよく取り除くことが大切です。

特に日に当たるとソラニンを生成しやすいため、じゃがいもは冷暗所での保存が大切になっています。

じゃがいもの毒素(アクリルアミド)とは

冷蔵保存したジャガイモを高温で焦げるほど加熱すると、糖とアミノ酸の反応で、発がん性を持つとされるアクリルアミドという化学物質ができます。

フライドポテトなどを作る場合は、冷蔵保存したじゃがいもを使わないようにし、また調理時にはじゃがいもを焦がさないように心がけましょう。

じゃがいもはソラニンとアクリルアミドという天然毒素を持ちますが、使用方法を間違わなければこわいものではありません。

他のいも類の保存方法

公開日:
最終更新日:2016/02/07