食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

小松菜の保存方法

小松菜

小松菜の保存方法のまとめです。

新鮮な小松菜の選び方から始まり、長持ちさせるための小松菜の冷蔵保存・冷凍保存法などを紹介しています。小松菜の旬の季節、豊富なカルシウムに代表される栄養成分なども合わせて見てきましょう。

スポンサーリンク

小松菜の選び方

  • 葉が肉厚でツヤがある
  • 葉が内側に丸まっている
  • 茎が太くピンとしている
  • 根元がしっかりしている

全体的に色鮮やかな小松菜を選ぶようにしましょう。

小松菜の常温保存

すぐに使い切る予定の場合、小松菜は1,2日であれば常温保存が可能です。冷暗所にて立てて保存しましょう。

基本的に小松菜の保存では、冷蔵・冷凍保存をおすすめします。

小松菜の冷蔵保存

購入時の包装のまま、あるいはポリ袋に入れて、野菜室にてペットボトルなどに立てて保存してください。

より鮮度をキープしたい時は、水を張ったボールに小松菜をつけ、ザルにあげてから水気をよく拭き取りましょう。根元を中心にペーパータオルや新聞紙で包み、根元が下になるようにしてポリ袋に入れ、口を軽く閉じてください。あとは、ペットボトル(ある程度の深さがある保存容器など)に入れて野菜室にて立てて保存すればOKです。

冷蔵保存した小松菜の保存期間(賞味期限)の目安は1週間~10日です。

立てずに横にして保存すると、葉がつぶれるなどして傷みやすくなります。鮮度を長く保つためにも、小松菜は立てて保存するように心がけましょう。

スポンサーリンク

小松菜の冷凍保存

生のまま小松菜を冷凍保存

小松菜を冷凍する時は、買った日など新鮮なうちに冷凍するように心がけましょう。

好きな大きさにざく切りにした後、冷凍用保存袋に入れて、中の空気をよく抜いた上で冷凍しましょう。

生のまま冷凍保存した小松菜の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。軽く水洗いした後で水気を絞れば、そのままお浸しや和え物に使うことができます。

小松菜は冷凍することで、細胞が壊れて茹でたものと同じ状態になります。本来ならゆでて流れ出てしまう小松菜の栄養成分を留まった状態にできるので、栄養価の側面から考えると、下記の茹でてから冷凍する方法よりも、生のまま冷凍する方法がおすすめです。

茹でてから小松菜を冷凍保存

さっと塩ゆでしてから、冷水にさらし、水気を切ってから食べやすい大きさ(4,5cm)に切ってください。小分けにラップで包み、冷凍用保存袋に入れましょう。ラップで包んでから金属トレイを使って急速冷凍させ、凍ってから冷凍用保存袋に入れても良いでしょう。

茹でてから冷凍保存した小松菜の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

小松菜の解凍は、冷蔵室での自然解凍(お浸しなどの場合は前日に移動)、凍ったまま調理(パスタや汁物の具など)する方法があります。

小松菜を塩ゆでするときは、かたゆで(固めに茹でる)することが基本です。沸騰している鍋に入れて30秒程度で良いでしょう。基本的に生のまま冷凍することをおすすめしますが、調理内容などお好みに応じて選択すると良いでしょう。

スポンサーリンク

小松菜を干して保存

小松菜の根元を広げながら流水でよく洗いましょう。

水気をペーパータオルなどで拭き取った後、ザルに重ならないようにして乗せ、3日ほど干してください。干した小松菜は、炒め物、汁物、おかゆ(雑炊)などに活用できます。

干した小松菜の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

小松菜の豆知識

小松菜の旬の季節は?

小松菜は冬~春(12月~3月)が旬です。

寒い季節の小松菜ほど、アクが抜け甘みが増している状態になっています。

小松菜の栄養成分

青菜の中でトップクラスのカルシウムの含有量を誇ります。牛乳と同程度のカルシウム量と言ったら分かりやすいかもしれません。ちなみにカルシウムは、たんぱく質と組み合わせて摂取することでアップします。

他には、β-カロテン(免疫力アップ)、ビタミン類、ミネラル、鉄分などを豊富に含み、栄養面で非常に優れた野菜です。ほうれん草以上の鉄分の含有量を誇ります。

油を使った調理の場合は、強火でさっと炒めると余計な栄養素の流出を防ぐことができます。

公開日: