食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

キャベツの保存方法

キャベツ

キャベツの保存方法のまとめです。

キャベツを長持ちさせるための常温保存・冷蔵保存・冷凍保存・干して保存方法などを紹介しています。キャベツの選び方、キャベツの栄養素なども合わせて見てきましょう。

キャベツの常温保存

丸ごとキャベツの場合は常温保存することができます。

まず、芯の部分に刃先を入れてくり抜いてください。そのあとで、濡らしたティッシュあるいはキッチンペーパーを、くりぬいた芯の部分に詰め、新聞紙に包んだ上で冷暗所に保管してください。

冷蔵保存したキャベツの保存期間(賞味期限)の目安は3,4日です。

基本的に、キャベツは常温保存ではあまり日持ちがしないため、すぐに食べ切れない場合は、あらかじめ冷蔵や冷凍保存などを選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

キャベツの冷蔵保存

丸ごとキャベツの冷蔵保存

キャベツは乾燥に弱く、中心部から水分が抜けていくため、包丁の刃先で芯をくりぬき、その部分に濡らしたティッシュおよびキッチンペーパーを詰めてください。

その後で、キャベツ全体がすっぽりと入る大き目のポリ袋に入れ、口を軽く閉じ、芯の部分が下になるようにして冷蔵庫の野菜室に保管してください。しばらく使わない時は、新聞紙に包んだ上で、ポリ袋に入れると良いでしょう。

冷蔵保存した丸ごとキャベツの保存期間(賞味期限)の目安は2週間です。ちなみにキャベツは、カットして使うよりも外葉から順にはがして使った方が長持ちします。

キャベツを使うたびに、芯に詰めたティッシュやキッチンペーパーを新しいものに変えると、長時間鮮度をキープすることができます。

カットキャベツの冷蔵保存

切り口全体に、湿らせたキッチンペーパー(ペーパータオル)を覆い、ポリ袋に入れ口を軽く閉じ、芯を下に向けて野菜室に保存してください。

使うたびにキッチンペーパーを取り替えると、キャベツを乾燥から守ることができ、鮮度のキープに役立ちます。

冷蔵保存したカットキャベツの保存期間(賞味期限)の目安は10日間です。

仮に、むき出しの状態でキャベツを冷蔵保存すると、乾燥により葉がしなびて切り口が黒ずんでいきます。

スポンサーリンク

キャベツの冷凍保存

生のままキャベツを冷凍保存

千切りやざく切りなどにしたのち、生のまま冷凍用保存袋に入れ、中の空気をよく抜いてから冷凍保存してください。

冷凍保存した生キャベツの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

キャベツの解凍は、冷蔵室での自然解凍、凍ったまま調理(炒めもの、煮込み料理、スープなど)が良いでしょう。急ぎの場合は、熱湯をかけて水気を絞ればサラダや和え物などにもすぐに使えます。ちなみに、冷凍したキャベツには生の時のようなシャキシャキした歯ごたえはなくなり、しんなりとした状態になります。

冷凍したキャベツは味が染みやすく、火が通りやすくなるため時短料理が可能になります。

塩もみ・塩ゆでしたキャベツを冷凍保存

共によく水分を絞ったのち、冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いてから冷凍保存してください。

塩もみキャベツ・塩ゆでキャベツの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

解凍方法は冷蔵室での自然解凍でOKです。

塩ゆでしたキャベツは、水っぽさが残るため炒め物には向きません。

スポンサーリンク

キャベツを干して保存

芯をつけたまま、薄めのくし形に切り、3,4日程度、水分が飛ぶまで干してください。

干したキャベツの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

キャベツの豆知識

キャベツの選び方

外側の葉(外葉)の緑色がはっきりと濃く、つやがあり、芯に変色がなく、手に取った時に見た目よりも重く感じるキャベツを選びましょう。

春キャベツは、ふっくらとしてゆるく巻いているものがおすすめです。

キャベツの芯に爪楊枝を刺して保存

キャベツを日持ちさせるためには、芯をくり抜くことが定番ですが、芯をくり抜かないで、芯につまようじを4,5本刺す、という方法もあります。

芯につまようじを指すことで、芯からの成長を留める作用が働くからです。

キャベツのラップをはがすこと

スーパーなどでキャベツを買った際に、ぴっちりとラップに包まれていることがあるかと思いますが、はがすようにしましょう。

キャベツは収穫後も呼吸をしているため、ラップをしたままだと蒸れやすく鮮度低下につながる恐れがあります。そのため、新聞紙あるいはポリ袋などに包み直すようにしてください。

外側の葉は捨てること

調理時に外葉は捨ててください。キャベツに散布された農薬を取り除く上でも必要です。

ちなみに購入後すぐに捨てる必要はありません。キャベツの可食部を乾燥から守る役割があるので、あくまで調理直前に葉を1,2枚ほど取ると良いでしょう。

キャベツはビタミンCが豊富

ビタミンCには抗酸化作用があるため、老化や生活習慣病の予防に最適です。

また、キャベツには骨の生成に関わるビタミンE、胃の状態を健康に保つビタミンU、美容に良い食物繊維も多く含まれています。

ビタミンCは熱に弱いので、なるべく加熱せずに生で食べることをおすすめします。特に水分が多く、柔らかで甘みのある春キャベツ(新キャベツ)は、キャベツ本来の栄養分を上手く摂取できると言えるでしょう。

キャベツの種類

  • 冬キャベツ(寒玉)
  • 春キャベツ(春玉、新キャベツ)
  • 夏秋キャベツ(高原キャベツ)
  • グリーンボール(丸玉)
  • 紫キャベツ(赤キャベツ)
  • 芽キャベツ
  • プチヴェール
  • ちりめんキャベツ(サボイキャベツ)

収穫時期に応じて、春キャベツ、夏秋キャベツ、冬キャベツと分けられており、それぞれの特徴も違います。

公開日:
最終更新日:2016/02/16