食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

にんじんの保存方法

ニンジン

にんじんの保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめです。

人参の常温保存・冷蔵保存・冷凍保存法に加えて、ニンジンの選び方、ニンジンで注目した栄養素である「β-カロテン」、ニンジンの葉の使い方などを紹介しています。食卓を彩るにんじんを美味しく食べるための保存法を見ていきましょう。

にんじんの常温保存

パックなどに入っているにんじんは袋から出して、1本1本新聞紙で包み、冷暗所でカゴなどに入れて立てて保存しましょう。人参は湿気に弱い性質をもっているので、新聞紙に包むことは乾燥から守ることにつながります。

基本的に人参を常温保存するのは、冬などの寒い季節だけに限っておすすめします。

常温保存したニンジンの保存期間(賞味期限)の目安は1週間です。

スポンサーリンク

にんじんの冷蔵保存

ポリ袋に入って売っている人参は表面が濡れている場合があるので、まず開封してからよく水気を拭き取りましょう。

この際、人参に葉がついているのであれば切り落としておいてください。葉が新鮮で食べられる状態にある時は、切り落とした後、別々に保存しておきましょう。

水気を取り除いた後は、ニンジンを1本1本新聞紙やキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫に立てて保存してください。空き瓶や適度な大きさに切ったペットボトルなどに入れると立てやすいでしょう。

冷蔵保存したニンジンの保存期間(賞味期限)の目安は2,3週間です。

エチレンガスを発生するリンゴの傍におくと、にんじんに苦味が生じやすくなるため離して保存しましょう。

スポンサーリンク

にんじんの冷凍保存

人参を生で冷凍保存

細切り、千切り、いちょう切り、半月切りなどで、人参を細かく薄く切ったのち、ラップで平らになるようにしっかりと包み、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

生で冷凍保存したニンジンの保存期間(賞味期限)の目安は1,2ヶ月です。

生のにんじんは、凍ったまま炒め物、煮物、汁物(スープ)などの用途で調理に活用できます。

人参を茹でて冷凍保存

ニンジンを固めにゆでて、水気と粗熱を取った後で、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

茹でて冷凍保存したニンジンの保存期間(賞味期限)の目安は1,2ヶ月です。

茹でたにんじんは冷蔵庫で自然解凍するか、もしくは電子レンジで軽く加熱して解凍すると良いでしょう。

にんじんは丸ごと冷凍することもできますが、使う時の調理の利便性を考えたら、あらかじめ適度な大きさに切っておいたほうが便利です。

スポンサーリンク

にんじんを干して保存

千切り、乱切り、輪切りなどでニンジンを細かくした後で、重ならないようにザルに並べて、よく日の当たる場所にて2,3日干しましょう。

水分が飛んだニンジンは長持ちさせることができます。乾いたニンジンは、漬物や煮物などによく合うことでしょう。

干したニンジンの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

にんじんの豆知識

にんじんの選び方

皮の色が鮮やかでツヤがあり、葉の付け根の茎の切り口が小さく、全体的にひげ根が少ないニンジンを選びましょう。

茎の切り口が大きなものは固いニンジンが多いので気を付けてください。また茎の切り口部分が茶色に変色しているものは、収穫から時間の経った古い人参なので鮮度が落ちているため注意しましょう。

にんじんの栄養成分と言えば「β-カロテン」

野菜の中でも、にんじんはβ-カロテン(β-カロチン)をトップクラスで含む食品です。

ベータカロテン(ベータカロチン)は、免疫力をアップする働きや、活性酸素から体を守る抗酸化作用をもたらしてくれます。β-カロテンを含む食品を十分に摂取することは、がんや心疾患の予防になると言われています。

ちなみにβ-カロテンは、生で食べるよりも油脂を使った料理で食べる方が吸収率がよくなります。そのため、脂を使う炒め物は、人参のβ-カロテンを効率よく摂取する良い調理法と言えるでしょう。生でにんじんを食べる時は、レモンやお酢をかけることをおすすめします。

にんじんの皮はむく?むかない?

さきほど取り上げたβ-カロテンは、皮のすぐ下にあることが分かっています。そのため皮をむくというよりは、薄く皮を削るぐらいの感覚で刃を入れると良いでしょう。

にんじんの葉の使い方・保存

葉付きにんじんは、葉が柔らかな時に収穫していることが多いため、葉に対して根の部分が小さ目になっています。しおれやすい分、普通のにんじんよりも早く食べるようにしましょう。

ニンジンの葉は食べることができます。特に柔らかい人参の葉は、天ぷら・胡麻和え・スープ・グリーンスムージーなどによく合います。固めの人参の葉の場合は、細かく切り、じゃこなどと一緒にごま油で炒めて、ふりかけ風にするとご飯によく合うでしょう。

にんじんの葉も冷凍保存することができます。流水で丁寧に洗った後、水気を取った後で冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。パセリ代わりにも使えます。たくさんある場合は、あらかじめ小分けにして保存しておくと料理の時に便利でしょう。

公開日:
最終更新日:2016/02/07