食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

にらの保存方法

にら

にらの保存方法のまとめです。

新鮮なにらの選び方から始まり、長持ちさせるためのにらの冷蔵保存・冷凍保存法などを紹介しています。にらの旬の季節、栄養成分、独特な強いニオイの話なども合わせて見てきましょう。

スポンサーリンク

にらの選び方

  • 葉の緑色が濃いもの
  • 葉先までピンとしているもの
  • ハリとツヤがあるもの
  • みずみずしいもの
  • 肉厚で幅が広いもの

にらは傷みが早いので、新鮮なものを選ぶようにしましょう。

にらの常温保存

にらは常温保存することをおすすめしません。

にらの冷蔵保存

丸ごとのにらを冷蔵保存

ボウルなどに水張りをしたのち、にらの根元を5分ほどつけて水を吸わせましょう。

水気を拭き取ったのち、葉先は出した状態で、新聞紙やキッチンペーパーにて全体を包み込んでください。

さらにポリ袋に入れ、軽く口を閉じた上で野菜室にて冷蔵保存しましょう。

冷蔵保存した丸ごとのにらの保存期間(賞味期限)の目安は3,4日です。

生の状態でにらを冷蔵保存する時は、後述するカットした方法の方が日持ちします。一度しおれると元には戻らないので気をつけてください。

カットしたにらの冷蔵保存

食べやすい大きさに切り、保存容器に入れてください。

全体がかぶる程度の水を入れ、ふたをした後、冷蔵室および野菜室にて冷蔵保存しましょう。

水は3,4日経過した時点で入れ替えると、みずみずしさをキープすることができます。

冷蔵保存したカット済みのにらの保存期間(賞味期限)の目安は10日です。傷みやすい葉先から使えば、無駄なく使い切ることができるでしょう。

スーパーで買ってきたままの状態で冷蔵保存すると、葉先を中心にしなびるのが見て取れます。購入後はすぐに水揚げをするか、カットして新鮮さを保てるようにしましょう。

スポンサーリンク

にらの冷凍保存

ざく切り(4cm)やみじん切りなど、適度な長さに切ったのち、冷凍用保存袋に入れて冷凍してください。袋を閉める際は中の空気をよく抜くようにしましょう。にらはカットすると強いにおいを生じるので、手早く保存するように心がけましょう。

ちなみに、湯通しした後で冷凍保存する方法もおすすめです。使いやすい大きさに切った後、ざるに乗せて熱湯をかけましょう。水気を切り、粗熱が冷めてからラップで小分けにして、冷凍用保存袋に入れてください。

冷凍保存したにらの保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

にらの解凍は、冷蔵室での自然解凍(お浸しなど)、あるいは凍った状態のまま調理(汁物など)して大丈夫です。にらは加熱時間が長いと、色合いや風味が劣化するので気をつけましょう。

冷凍したにらは、パラパラとした状態になります。

スポンサーリンク

にらを干して保存

食べやすい大きさにざく切りしたのち、ざるに広げて2,3日ほど干してください。

汁物・スープなどによく合うでしょう。

干したにらの保存期間(賞味期限)の目安は3週間です。

にらの豆知識

にらの旬の季節は?

にらは秋~冬(11月~3月頃)が旬です。

特に1月頃の寒い時期が美味しく食べられるでしょう。

にらの栄養成分

にらは、β-カロテン(免疫力アップ)、ビタミンC(免疫力アップやがん予防)、カルシウム(骨や歯を丈夫にする)、硫化アリル(滋養強壮や疲労回復)、ビタミンE(生活習慣病や抗酸化の予防)、カリウム(高血圧や動脈硬化の予防)などの豊富な栄養素を含む、優れた緑黄色野菜です。

特にβ-カロテンは、にら一束で1日に必要とする所要量を補うことができます。

にらのにおいの正体「硫化アリル」とは

にらは切った瞬間から強いにおいを発しますが、このにおいの正体は硫化アリルです。

硫化アリルは、殺菌作用と共に消化酵素の分泌を促し、ビタミンB群の吸収を手助けする優れものの栄養素です。特に根元には、葉先の4倍の硫化アリルを含むため、茎の下部をカットする時は切りすぎないように気をつけましょう。

硫化アリル自体、水溶性の性質を持つため、洗う時には素早く行うようにしましょう。

公開日: