食品保存マニア

食品の保存方法(冷蔵・冷凍)のまとめ

里芋の保存方法

里芋

里芋(さといも)の保存方法のまとめです。

里いもを長持ちさせるための常温保存・冷蔵保存・冷凍保存・干して保存方法などを紹介しています。里いもの選び方や注目の栄養成分も合わせて見てきましょう。

里芋の常温保存

丸ごとの里芋は、段ボールやカゴなどに新聞紙を敷き、泥付きのまま並べて、風通しの良い冷暗所にて保存しましょう。

湿気を取り除き乾燥を防止するためにも、並べた里芋の上に新聞紙をさらに被せる(包むのではなく上に置くだけ)と良いでしょう。ダンボールの場合は、ふたを閉じる必要はありません。

常温保存した里芋の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

ちなみに土に植えて保存すると、常温保存するよりも長持ちします。

スポンサーリンク

里芋の冷蔵保存

基本的に里芋を冷蔵保存することはおすすめしないのですが、里芋自体、冷温が苦手なこともあり、寒い季節には野菜室で冷蔵する選択肢もあります。この場合、低温とは5度以下のことを指します。低温になると、食味の低下および腐りやすくなるので注意が必要です。

泥を流水でよく流して洗った後、ザルなどに乗せてよく乾かしてください。乾いたのを確認したら、新聞紙で包んでポリ袋の入れた上で野菜室にて保管しましょう。

冷蔵保存した里芋の保存期間(賞味期限)の目安は2週間です。常温保存するよりも賞味期限が短くなることに注意してください。

スポンサーリンク

里芋の冷凍保存

里芋を生のまま冷凍保存

皮をむいたのち、輪切り・イチョウ切りなどで一口大にカットし、よく水分を拭き取ってから冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

里いもを冷凍保存すると、味がしみやすくなります(時短料理になります)。

生のまま冷凍保存した里芋の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

里芋をゆでてから冷凍保存

皮をむいたのち、固めにゆでて粗熱を取ってから、冷凍用保存袋に入れて保管してください。丸ごとでも構いませんが、一口大にカットしたほうが冷凍スピードは速くなります。

ゆでてから冷凍保存した里芋の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。

里芋の解凍は、自然解凍および電子レンジを使用してください。煮物、炒め物、炊き込みご飯などの場合は、凍ったまま調理に使用して構いません。

スポンサーリンク

里芋を干して保存

里芋をよく洗い泥を落とした後で、皮をむいて食べやすい大きさ(輪切り・いちょう切り・角切りなど)にしましょう。変色を避けるために水にしばらくさらしてから、ペーパータオルなどでよく水気を拭き取ってください。

重ならないようにザルに並べて、3日ほど干してください。水分が上手く飛んで乾くことができたら完成です。干した里芋はタッパなどに入れて、冷暗所に保管しておくと良いでしょう。

干した里芋の保存期間(賞味期限)の目安は1ヶ月です。常温保存した場合と、賞味期限の長さは変わりませんが、下ごしらえせずにすぐ料理に使えるのでストックがあると便利でしょう。味噌汁や煮物などに最適です。

里芋の豆知識

里芋の選び方

里芋は、ふっくらとした丸みがあり、泥付きで皮が湿っていて、縞模様がはっきりと等間隔で見えるものを選びましょう。里芋は乾燥に弱いため、泥がついているものは乾燥防止の働きがあります。

皮にひび割れやこぶが見られる里芋は、なるべく避けるようにしてください。変なにおいがするのはカビが生えている証拠ですので注意しましょう。

里芋の泥はよく洗い流すこと

里芋の泥には農薬が残っていることがあるため、調理前には流水でよく洗い泥を落としましょう。

里芋の注目したい栄養成分

皮をむいたあとで見られる里芋特有のぬめりは、ガラクタンという成分(炭水化物とたんぱく質が結合した物質)が正体です。ガラクタンは脳細胞の活性化、胃潰瘍予防、がん細胞の増殖を抑えるなどの働きがあると言われています。また、里芋のぬめりにはムチンという成分もあり、ムチンは便秘解消に良いとされています。

さらに里芋は、高血圧防止に良いカリウムが豊富です。

里芋のぬめりを取る方法

皮をむいて洗った後、ペーパータオルなどでよく拭き取ってください。

ぬめりをしっかりと取りたい場合には、少量の塩を加えた鍋に、里芋を入れてぶくぶくと泡が出て沸騰するまで茹でると良いでしょう。すっきりとぬめりを取りたい時は、里いもをゆでる選択肢もありです。

他のいも類の保存方法

公開日:
最終更新日:2016/02/07